Mother's Life

1980年代初期生まれの主婦が送る、80~90年代の女子の懐かしカルチャーをご紹介するブログ。妊娠・出産・育児ネタもついでに。

レーザー脱毛4回目に行ってきました(鼻下&あごは2回目)

      2021/05/20

昨日またレーザー脱毛へ行ってきました。ワキは前回でいったん終了として、今回はビキニラインと鼻下&あごの施術です。

ビキニラインと鼻下・あごの脱毛はこんな感じ

施術の具体的な体験談を書いたことがなかったので書いてみます。目隠しをした状態で行われるので、施術の様子を実際にみることはできず、感覚だけの体験談になりますがご容赦ください。

デザインを引き、毛の処理をする

看護師さんが毛のある個所を実際にみて、蛍光ペンでラインを引いていきます。(終わったらきれいに落としてくれます)

ビキニラインの場合好みの形があるので、最初の時はこんな感じでいいですか?と私に確認を取らせてくれました。2回目以降は前回処置した形が残っているので、そのままお任せです。

ワキと鼻下&あごはそこまで細かくはやりません。鼻下&あごはざっくりと引いたラインを鏡で映してチェックしましたが、ワキは「ワキ周辺に生えてる毛はとりあえず処置しておきます」くらいのライトな感じです。

ラインが決まったら剃毛をします。レーザー脱毛は毛が表面に出ていなくても黒い色に反応して毛根にダメージを与えられます。逆に表面に毛が出すぎていると、皮膚にダメージを負うので必ず前処理します。

前処理は自分でしなければならない医療機関やサロンが多いですが、私が通うクリニックの場合、事前に処理されてしまうと本来どこまで毛が生えているのかわからないので…ということで、生えっぱなしで来院OKです。

その後事務長さんがラインのチェックと出力確認をして、OKが出てから照射開始になります。丁寧でいいのですが、事務長さんが忙しいとなかなか来てくれなくて、時間がかかってしまうことがネックです。

ビキニライン編

出力は前回と同じだったのに今回は妙に痛く感じました。もちろん、我慢できないほどの痛みではないです。今回実は生理中で(タンポンで経血を処置しています)、生理中は痛みを感じやすいと聞いたことがありますが…そのせいかもしれません。

もともと、ここは毛が濃く太いのでレーザーの反応が強く出るため、痛みを感じやすい箇所でもあります。その分効果も出やすいんですけどね。

ビキニラインは3回終わった時点で表面の毛はほぼ抜けてきれいになっています。また新しい毛が皮膚の下に見えているので、今回はそれがだいぶやっつけられた感じです。

鼻下&あご編

ここはビキニラインの毛のように太く濃いわけではないので、レーザーの反応はそこまで強くなく、痛みもそれほどではありません。

ただし、クリニックの使っている機械が冷却風で肌を冷やすタイプのものなので、そのままの状態で鼻下にレーザーを当てると、風がダイレクトに鼻に入ってしまいとっても苦しくなってしまいます。

そこで看護師さんが私の鼻をつまんでふさいだ状態で照射するのですが、ずっと鼻をつまみっぱなしでは苦しいですから、1セット3~4回照射して、一回休み、また照射という風に繰り返して進めていきます。

あごの場合は看護師さんが鼻の方に風が行かないように手でブロックして照射してくれます。でも、時々指のわずかな隙間からちょっとだけ風がきて一瞬苦しいときがありますね(;´Д`)お口もしっかり閉じておかないと大変なことになります。

鼻下とあごはまだ2回目ですが、毛はぼちぼち減った印象です。それ以上に、剃ることがなくなったせいか肌がきれいになった気がします。剃ると荒れますものね…

 - 美容&健康の話題, 育児&日常生活