1980年代(推定)のミニサイズツールセットをご紹介

今回は80年代半ばから90年代初期くらいにかけて流行していた「ミニサイズツールセット」をご紹介します。文具セットが一番メジャーですがそれ以外にも身だしなみ系や衛生用品系など、いろいろなものが存在していました。

この手のもので有名なのは、プラス株式会社の「チームデミ」でしょうか。1984年に発売され、大ヒットの影響でパチものもたくさんありました。私のうちにもパチものがありましたね~本物はそれぞれの文具に「PLUS」のロゴが入っているんです。

チームデミは2020年頃に復刻して今でも販売されています。現在のセット内容にはスマホのSIMカード挿入口用のピンがラインナップされるなど時代に合わせて進化していますが、6000円かぁ…ちょっと手が出ないなぁ。ちなみにオリジナル版は2800円。当時はOLさんから人気に火が付いたようですね。

(参考サイト:四次元ポケット研究所

こちらはカセットケース入りのペンセットです。こちらは数年前にメルカリで購入しなおしたものですが、90年頃に持っていたことを記憶しています。ペン自体は短いのでちょっと持ちにくいですが、学校に持っていったら結構評判がよかったです。子供の頃って面白い文具持っているとそれだけで人気者になれるんですよね~

このお品は1989年に名古屋で行われた、「世界デザイン博覧会」に出展されたもののようです。この博覧会では当時の最新の産業デザインの展示を行っていたそう。ミニサイズツールセットが当時のトレンドだったことがわかりますね。これは非売品なのか販売されていたものなのかは不明です。

「カセットケース」というところがまた当時ならでは。この鳥のイラスト部は「カセットインデックス(曲名リストを書く専用カード。裏面がメモ用紙っぽくなっています)」なので、好きなデザインのものに交換することが可能です。当時私が持っていたものは南の島の風景写真だった記憶があります。ペンにもかっこいいロゴが付いていました。これは「三井・東芝館」のものらしいですが、グループ企業に文具系のメーカーってあるのかな?両者ともあまりイメージがないのですが…

先日の記事でご紹介したミツカン(not mizkan)の「ミニ遊具」と同じシリーズで、身だしなみ系のツールセットになります。ピンセットやピン留め、綿棒などが入ったセットです。こちらは年代がわかる表記はありませんが、これ系のセットが流行した年代と考えると、おそらく80年代のものでしょう。

セット内容の記載は特にありません。ピンクの蛍光ペンみたいなのが入っているのですが、何に使うものなんでしょうか?メイクアップ用のペンシルにさすがに蛍光色はないと思いますし…

タイトルとURLをコピーしました